ジュンチヤバリ茶園は、東ネパールのダンクタ地方、ヒレという村にある小さな茶園です。 世界有数の紅茶産地ダージリンから西に65km、ヒマラヤ山脈を望む標高1850m~2100mの斜面に位置し、お茶作りに極めて適した土地にあります。

ジュンチヤバリ茶園では、紅茶をはじめ、半発酵茶、緑茶、白茶など、多くの種類のお茶を生産しています。ネパール独自のお茶を作るため、中国や台湾、日本の品種の茶木などを育成し、またそのポテンシャルを引き出すための製茶技術を日々研究しています。

ヒマラヤの豊かな自然と、ジュンチヤバリ茶園ならではの製茶技術が作る、個性的なお茶の数々をお楽しみください。


ネパールの女性たちがつくるティーコージー

わたしたちのティーコージーは、Sabah Nepalというネパールのフェアトレード団体が生産しています。Sabah Nepalは、ネパールの貧しい女性たちに織物や縫製などの技術を教え、在宅でできる仕事を提供し、彼女たちの生活と経済的自立を助けています。


合同会社ジョーティスでは、飲食店、紅茶教室、個人の方を対象とした業務用紅茶を取り扱っています。
ご興味がおありの方は、下記までお問い合わせくださいませ。
合同会社ジョーティス(Jyotis LLC) office@jyotis.co.jp (担当:櫻井)